FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「再会」の続きが書けない理由

前回書いた時からかなり時間が経ってしまいました。
色々な事を忘れたくない、覚えていたいから書いておこうと思っていたけれど
あまり考えてはいけないと思う気持ちもあって、暫く離れていました。



考えなくなっていた理由はいくつかある。
一つは体調不良。
毎日、いつでも、どこでも、四六時中考えていろ、いつもいやらしい妄想をしていろと言われた。
私はほぼその言葉通りに、朝起きて、電車の中、出勤途中、ふと仕事の合間に、お昼休みに
帰りの電車で、駅から自宅までの間、お風呂で、ベッドで、と
本当に毎日毎日考えていたら、なんだか、もう、気が変になりそうだった。
それから胃痛に悩まされてしまい、半月くらい体調不良になってしまった。

もう一つは男友達の言葉。
その人は40代独身で、人妻のセフレが何人かいる。
私がKさんにリアルで会う前から、話をしているので大体のことを把握してくれていると思う。

彼は私がKさんに会う前には、私の所業を知っているので「実際にした方が良い」と言っていた。
妄想でネット上でHなことをしているよりは、よほど健康的だと。
彼にとっては倫理観より肉体的に満たされることが大切らしい。

しかし、私が会った後にKさんについての話をしていると
彼は「どんな綺麗事を言っても、結局はセフレなのだから、あまり思い入れない方が良い」と言った。

それでも色々と考えてしまっている私に言った彼の言葉はかなり突き刺さった。
「セフレに会うのが、楽しみだとか嬉しいというのは、男にとって
 週末に飲みに行くのが楽しみだ、というのと同じような感じだから、あまり思い入れるな」と。

それは、おかしくなりそうな位に毎日Kさんとのことを考えていた私にとって
かなり衝撃だった。
Kさんがそのような感覚なのかは分からない。
希望としては、もう少しは、正直に言えばもっと特別に思っていて欲しい。

素直に私はKさんの言葉を信じてしまう。
これが主従ならば従順なのだとうと思うのだが、そうではないので愚かなのだろうか。
しかし、以前大きな心配をかけてしまった時に、Kさんが胃が痛くなったと言っていたので
それくらいには、Kさんの中で少しは特別であると思いたい。
相変わらず、自分とKさんの関係が主従ではないということに拘りを感じずにいられない、
また、その言葉に囚われすぎている自分に辟易としてしまう。

5月からKさんの自宅のネットワークトラブルやPCとiPhoneの故障
Kさんの体調不良等で、連絡が疎らになっていた状況。
そんな間に、Kさんに会ってしまったこと。
連絡はあると信じているけれど、無い時間を過ごすのは結構なストレス。

冬になり、KさんがPCを買い換えてから、またお話できる機会は増えた。
しかし、互いの仕事や家庭の状況もあるので、そんなに多いものではない。
結局、携帯の番号もメアドも知らないままなので
連絡はメッセンジャーかスカイプのみ。

そんな小さな色々で、妄想ができなくなっていた。
妄想しても、続かない。すぐに途切れてしまう。寝てしまう。
気持ちが高ぶる程の妄想に浸ることができない。

久々に話したKさんが、妄想していましたかと聞いたので
素直に、妄想ができなくなっていると話した。
脳や体の自己防衛機能なのかなと笑って話すと、Kさんも笑った。

Kさんは、「じゃぁ、二人で話すとまた妄想できるかな」と言って
前回会った時のことを一つ一つ思い出させるように話をしてくれた。

しかし、思い出せ、と
また同じように感じたいだろう、と言われると
思い出して求めても先の約束が無い今は、満たされない感覚が強くなってしまう。
なんと欲深いことか。

先日、Kさんが私に
前回Kさんが私にやったように、あることをやってみろと言った。
言われるようにしてみたけれど、やはり自分で全く同じことができるわけもなく
同じように感じる事ができずに切なさばかりが募った。
半分泣きが入った感じで、同じように感じることができないと伝えたら
Kさんは無言だった。どう感じただろうか。



こんな感じで十月からの三ヶ月が過ぎて、もう今年も終わろうとしています。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

プロフィール

カヤ

Author:カヤ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。